ナタ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナタ川ボツワナでの呼称; ツワナ語: Noka ya Nata、英語: Nata River)またはアマンザニャマ川ジンバブエでの呼称; 英語: Amanzanyama River)は、アフリカ南部天然河川。ボツワナ国内におけるナタ川は、限られた雨季の間だけマカディカディ塩湖に現れる湿地の水源となっており、同塩湖では数多くの生息地域限定種が繁殖している。[1]

ナタ川は紛れもなくスアパン低地へ向かって流れ注ぎ、そこからボツワナ東部とジンバブエ南西部の地域へと流れ着く。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Chris McIntyre (2008) Botswana: Okavango Delta, Chobe, Northern Kalahari, Bradt publishers, 502 pages ISBN 1841621668
  1. ^ Ann Hulsmans, Sofie Bracke, Kelle Moreau, Bruce J. Riddoch, Luc De Meester and Luc Brendonck, Dormant egg bank characteristics and hatching pattern of the Phallocryptus spinosa (Anostraca) population in the Makgadikgadi Pans (Botswana), Hydrobiologia, Springer Netherlands, Volume 571, Number 1 / November, 2006 ISSN 0018-8158 (Print) 1573-5117, pages 123-132 [1]