トム・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トム・ジョーンズ』(Tom Jones)は、イギリスの小説家ヘンリー・フィールディングの小説で代表作。18世紀のイギリスが舞台。1749年に発表された。正式な題名は『捨て子トム・ジョーンズの物語』(The History of Tom Jones, a Foundling)。

日本語訳は朱牟田夏雄訳で岩波文庫(全4巻)がある。サマセット・モームが『世界の十大小説』の一つに挙げている。

トム・ジョーンズの華麗な冒険』(1963年)としてイギリスで、トニー・リチャードソン監督により映画化されている。また、宝塚歌劇団が同じタイトルでミュージカル化している。

あらすじ[編集]

ある日、大地主の屋敷の寝室に捨て子の赤ん坊が見つかる。大地主は赤ん坊をトム・ジョーンズと名づけ、自分の家で育てる。自由奔放な青年に成長し、やがて家を追い出されたトムは旅に出て、様々な恋愛や事件に巻き込まれる。ロンドンへ出て決闘事件で拘束されるが、無実とわかり、最後に出生の秘密が明らかになる。

外部リンク[編集]