トキワツユクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トキワツユクサ
Tradescantia fluminensis (200806).jpg
トキワツユクサ(静岡県伊東市・2008年6月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: サトイモ目 Arales
: ツユクサ科 Commelinaceae
: ムラサキツユクサ属 Tradescantia
: トキワツユクサ T. fluminensis
学名
Tradescantia fluminensis
和名
トキワツユクサ(常磐露草)
英名
Wandering jew

トキワツユクサ(常磐露草、学名:Tradescantia fluminensis)はツユクサ科ムラサキツユクサ属多年草。別名、ノハカタカラクサ

分布[編集]

南アメリカ原産[1]。日本には昭和初期に観賞用として持ち込まれ、帰化植物として野生化しており、外来生物法により要注意外来生物に指定されている[1]。北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアにも定着している[1]

特徴[編集]

やや湿っている日陰や水辺に生え、群落を形成する。草丈は50cmほど。初夏に白い花弁の三角形の花を咲かせる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7