デュシェーヌ親父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュシェーヌ親父

デュシェーヌ親父』(-おやじ、Le Père Duchesne)は、フランス革命時の1790年9月にジャック・ルネ・エベールが創刊した新聞。転じて、創刊者であるエベール本人を指すニックネームとしても用いられる。

右派を野卑な言葉で辛辣に罵倒し、貧困層から人気が高かったが、1794年のエベールの処刑により385号を以って廃刊した(最終号はエベールの死の11日前の3月13日号)。

その後、同名の新聞が1790年代以降、フランス7月革命1848年革命パリ・コミューンなどの動乱のたびに発行された(詳細はLe Père Duchesne (19th c.)を参照)。当然、オリジナルの新聞とこれらとは何の関係もない。