デイヴィッド・オーズベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・オースベル: David Ausubel1918年10月25日 - 2008年7月9日)は、アメリカ合衆国心理学者。ニューヨーク生まれで、コロンビア大学で学んだ。ジャン・ピアジェの弟子である。

教育心理学認知科学、科学教育学習法の分野における最大の功績として advance organizers (1960年から)の開発と研究がある。1973年に学界を引退し、その後は精神医療の実践に身を捧げた。

参考文献[編集]

  • Ausubel, D.P. (1960). The use of advance organizers in the learning and retention of meaningful verbal material. Journal of Educational Psychology, 51, 267-272.
  • Ausubel, D. (1963). The Psychology of Meaningful Verbal Learning. New York: Grune & Stratton.
  • Ausubel, D. (1978). In defense of advance organizers: A reply to the critics. Review of Educational Research, 48, 251-257.
  • Ausubel, D., Novak, J., & Hanesian, H. (1978). Educational Psychology: A Cognitive View (2nd Ed.). New York: Holt, Rinehart & Winston.

外部リンク[編集]