ディミトリ・ザイキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディミトリ・ザイキン(Dmitri Alekseyevich Zayikin、1932年4月29日[1]- 2013年10月20日[2])は、ロシアロストフ州エカテリノフカ出身の宇宙飛行士訓練者である。

1955年にアルマヴィルMilitary Fighter Pilot Schoolを卒業し、1960年に最初の宇宙飛行士候補20人に選ばれ、訓練を受けた[1]

ザイキンはボストーク2号のバックアップの船長となった[3]。1968年にはモリノのZhukovsky Military Engineering Academyを卒業した[4]。1969年10月25日には、ソユーズ計画に向けた訓練中だったが、胃潰瘍のために訓練を外れた[5]。その後、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターの教官、技術者となった。

1982年には宇宙開発計画から外れ、1987年には軍を退役した。

既婚で、2人の子供がいる。

出典[編集]

  1. ^ a b Burgess, Colin & Rex Hall. The First Soviet Cosmonaut Team: Their Lives, Legacy, and Historical Impact. Berlin: Springer, 2009. 74-76.
  2. ^ Dmitri Zaikin, Early Soviet Cosmonaut Who Never Flew in Space, Dies at 81”. Space.com. 2013年10月23日閲覧。
  3. ^ Hall, Rex & David Shayler. The Rocket men: Vostok & Voskhod, The First Soviet Manned Spaceflights. Berlin: Springer, 2002. 258.
  4. ^ Hall, Rex & David Shayler. The Rocket men: Vostok & Voskhod, The First Soviet Manned Spaceflights. Berlin: Springer, 2002. 309.
  5. ^ Hall, Rex D., David J. Shayler, & Bert Vis. Russia's Cosmonauts: Inside the Yuri Gagarin Training Center. Berlin: Springer, 2005. 124.