ティーナ・リラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティーナ・リラク Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ティーナ・リラク
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
種目 やり投
生年月日 1961年4月15日(53歳)
生誕地 ヘルシンキ
身長 181cm
体重 74kg
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ティーナ・リラク (Tiina Lillak、1961年4月15日 - )は、フィンランドの陸上競技選手。やり投の選手で、1982年に72m40の世界新記録を樹立。一度はギリシャのソフィア・サコラファに破られたものの、翌年には74m76と世界記録を奪い返した。同年出場した世界陸上競技選手権大会ヘルシンキ大会では、5投目まで本来の投げが出来ず2位に甘んじるも、最終投擲で70メートルを超える大投擲を見せ金メダルを獲得した。1984年ロサンゼルスオリンピックに出場。69m00の記録でイギリステッサ・サンダーソンに次いで銀メダルを獲得した。

実績
大会 場所 種目 結果 記録
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) やり投 1位 70m82
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) やり投 2位 69m00