チャールズ・ドッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・ハロルド・ドッド(Charles Harold Dodd, 1884年4月7日 - 1973年9月21日)は、イギリス聖書学者牧師である。C・H・ドッドと表記する場合が多い。

ウェールズレクサムに生まれ、オックスフォード大学ベルリン大学で学び、1912年に会衆派教会の牧師になる。1915年から1930年にオックスフォード大学で教鞭を取り、1936年から1949年までケンブリッジ大学で新約学の教授を務めた。

多くの著書を通して、「現在的終末論」を展開した。

弟のA・H・ドッド (Arthur Herbert Dodd) も学者であり、主に政治史を専門としていた。

著書[編集]

  • ローマ人への手紙(1932年)
  • 神の国の譬(1935年)
  • 使徒的宣教とその展開(1962年)
  • 福音書の歴史

参考文献[編集]