チャールズ・オースティン・ガードナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・オースティン・ガードナー(Charles Austin Gardner、1896年1月6日 - 1970年2月24日)は、オーストラリア植物学者である。

生涯[編集]

イギリスランカスターに生まれ、1909年に家族とともにオーストラリアに移住した。若い頃から芸術や植物学に興味を示し、1920年に森林省の植物採集官に採用された。1921年にキンバリーの調査探検の植物学者に任命され、最初の著書『西オーストラリア、キンバリー地域の植物ノート』("Botanical Notes, Kimberley Division of Western Australia")を出版した。1924年に農業省に移り、1928年に組織改革で、Government Botanistと国立標本館(State Herbarium)の学芸員に任じられた。この間、月刊誌、"Our Rural Magazine"などの西オーストラリアのメディアに植物記事を書いた。

植物学に関する貢献としては、約320編の論文を執筆し、西オーストラリア王立協会雑誌に西オーストリアの植物についての論文を発表した著書に『西オーストラリアの植物』("Enumeratio Plantarum Australiae Occidentalis":1930)があり 『西オーストラリアの植物誌』("Flora of Western Australia":1952)のイネ科の章を執筆した。200ほどの新種植物の記載を行った。1937年にキュー植物園の初代のオーストラリア植物のリエゾンオフィサー(Australian Botanical Liaison Officer)になった。オーストラリアの自然科学の発展に貢献した人物に送られるクラーク・メダルを1961年に受賞した。

参考文献[編集]

  • Marchant, Neville G. "Gardner, Charles Austin (1896–1970)". Australian Dictionary of Biography, National Centre of Biography, Australian National University. Retrieved May 2012.
  • Hall, Norman (1978). Botanists of the Eucalypts. Australia: Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization. ISBN 0-643-00271-5.
  • "Gardner, Charles A. (1869 - 1970)". Australian National Botanic Gardens.