ダブル・ディスク・コート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダブル・ディスク・コート: double disc courtDDC)は、フライングディスクの公式種目の一つである。2人対2人で行い、2枚のディスクを使用する。

ルール[編集]

  • コートは13メートル四方のコート二つを、17メートル間隔で設置する。
  • ラインはアルティメット同様、アウト・オブ・バウンズである。
  • 得点方法は、相手コート内にディスクを静止させるか、相手の1人あるいは2人が同時に2枚のディスクに触れているようにする。
  • 110グラムのフライングディスクを使用する。

試合の流れ[編集]

まず試合前にフリッピングを行い、勝ったチームが以下の三つより一つ選択、負けたほうが一つ選んだ後、再び勝ったチームが残りを選択する。

  • 自陣コート。
  • 先攻・後攻。
  • サーバーの組み合わせ。

次に、先攻チームのサーバーではないプレーヤーが合図をし、両チームのサーバーが同時にスローする。このとき、合図が始まるまで先攻チームのサーバーは動いてはならない。

5点ごとにコートを交代する。


関連項目[編集]