タマサバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマサバ

タマサバ玉サバ)は、キンギョの一品種である。

概要[編集]

日本原産の金魚の一品種。琉金型の体型だが、尾鰭は別れておらず泳ぎはシャープで、日本的な端正な金魚である。

歴史[編集]

錦鯉の原産地として知られる新潟県中越地方で生み出された品種である。 琉金と庄内金魚の交配種ともいわれ、また、このタマサバの交配種が庄内金魚ともいわれる。 いずれにしても、江戸時代から続く各地の地金魚と比べ、作出年代は比較的新しい。

新潟では琉金を越冬させることは難しく、 琉金と庄内金魚を交配し耐寒性をもたせたものが、この品種の原型であるサバ尾だとされる。 このサバ尾の中でも体型が丸く、尾鰭が長いものを選別淘汰して累代繁殖したものがタマサバ であり、タマサバの親からサバ尾のようなやや長手体型のものが生まれることもある。

特徴[編集]

ずんぐりとした体型に、コメットのような長い吹き流し尾を持っているのが特徴。中には短尾のものもある。金魚の飼育書などでリュウキン体型に分類される品種であるが、泳ぎはワキン(和金)並みに俊敏。もともと、新潟県の養鯉業者が「錦鯉と一緒に泳げる金魚」として養殖しはじめた金魚で、池で飼育され、上見で鑑賞されることも多いが、その体型や尾鰭は水槽飼育(横見での鑑賞)に最適といえる。東京などで琉金のフナ尾固体を「おたま」と呼んで選別するが、それと体型は似通っていても、耐寒性など遺伝的な特質においては、やはり違いがある。派生品種としてさらに尾を短くして、体を丸くしたフクダルマ(福だるま)があるが、フクダルマにも長尾のものが許されていて、タマサバとの違いははっきりしない。

派生品種[編集]

●タマニシキ(玉錦) 透明鱗のタマサバを選別淘汰したもの。他の透明鱗の金魚同様赤みが濃く、白地とのコントラストが美しい。

●フクダルマ(福だるま) タマサバを選別淘汰して丸手体型を際立たせたもの。一般に短尾と思われているが、長尾のものもいて、さらにもともとが丸々としたタマサバを理想としていたこともあり(タマサバも系統によってはフクダルマ並みに丸いものがある)、独自性は判然としない。品種として別れているというよりも、愛知県の地金・六鱗や宇野系らんちゅうのように、同品種の系統間の差異と見るほうが適切といえる。

●キャリコタマサバ  タマサバをキャリコ体色にしたもの。流通量は非常に少ない。             

類似種[編集]

体型は中国産のオランダシシガシラ型で肉瘤が出る個体である。タマサバと同様な長い吹き流し尾を持っており、体型以外の特徴はほぼ同じである。現在は正式な品種としては認められてはおらず、時々オークション等にサバオの名であがる以外では、知らない人が多い。

外部リンク[編集]

今回類似種が販売されている店舗のホームページ