タウロコール酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タウロコール酸
識別情報
CAS登録番号 81-24-3 チェック
PubChem 6675
ChemSpider 6423
特性
化学式 C26H45NO7S
モル質量 515.7 g mol−1
融点

125.0 °C, 398 K, 257 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

タウロコール酸 (Taurocholic acid)は、脂肪乳化することのできる融解性の透明な黄色の胆汁酸である。胆汁酸であるコール酸タウリンと抱合したものである。 ヒトの胆汁酸のうちの三分の一程度はこの物質である。生合成はコリルCoAとタウリンの反応である。

医薬的用法として、利胆剤や胆汁分泌促進剤として用いられている。

商業的な生産方法では、食肉産業の副生成物である牛の胆汁から作られる[1]

毒性[編集]

新生ラットでのLD50は、380 mg/kgである。

脚注[編集]

  1. ^ Taurocholic acid, sodium salt at GlycoFineChem.com

出典[編集]

http://en.wikipedia.org/wiki/Taurocholic_acid