ソ連国家保安委員会第1総局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソ連国家保安委員会第1総局(ソれんこっかほあんいいんかいだいいちそうきょく ロシア語: Первое главное управление)は、ソ連国家保安委員会(KGB)における対外諜報を担当する機関。第1総局を略してPGU(発音はペーゲーウー、ロシア語での略称は「ПГУ」)と呼ばれる。ソ連崩壊後は、ロシア対外情報庁(SVR)となる。

概要[編集]

組織[編集]

中央機構[編集]

局(Управление)

  • R局 - 作戦計画及び分析
  • K局 - 防諜
  • S局 - イリーガル
  • OT局 - 作戦技術
  • I局 - コンピュータ
  • T局 - 科学技術諜報
  • 諜報情報局 - 分析及び評価
  • RT局 - ソ連領内の作戦

局(Служба)

  • A局 - 偽情報。秘密作戦
  • R局 - 無線通信
  • 第1総局第8局A局 - 暗号

課(Отдел)

  • 第1課 - アメリカ、カナダ
  • 第2課 - ラテンアメリカ
  • 第3課 - イギリス、オーストラリア、アフリカ、ニュージーランド、スカンジナビア
  • 第4課 - 東ドイツ、西ドイツ、オーストリア
  • 第5課 - ベネルクス諸国、フランス、スペイン、ポルトガル、スイス、ギリシア、イタリア、ユーゴスラビア、アルバニア、ルーマニア
  • 第6課 - 中国、ベトナム、ラオス、カンボジア、北朝鮮
  • 第7課 - タイ、インドネシア、日本、マレーシア、シンガポール、フィリピン
  • 第8課 - 近東アラブ諸国、アフガニスタン、イラン、イスラエル、トルコ
  • 第9課 - 英語圏アフリカ諸国
  • 第10課 - フランス語圏アフリカ諸国
  • 第11課 - 社会主義諸国との接触
  • 第12課 - 登録及び公文書
  • 第13課 - 電子傍受及び西側諸国の暗号機関に対する作戦
  • 第14課 - インド、スリランカ、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、ビルマ
  • 第15課 - 近東アラブ諸国、エジプト
  • 第16課 - 移民
  • 第17課 - 発展途上国との接触

海外駐在部[編集]

模範的な海外駐在部の構成の例。

  • 駐在部長
  • PRライン - 政治、経済及び軍事・戦略諜報、積極的行動
    • 報告書作成官
  • Khライン - 科学技術諜報
  • Nライン - イリーガル支援
  • EMライン - 亡命者
  • 特殊予備員
  • KRライン - 対外防諜及び保安
    • 大使館附属国家保安将校
      • RP班将校 - 電子諜報
      • I班 - コンピュータ
      • OT将校 - 作戦技術保障
        • インパルスステーション[1]
      • 運転手
      • 暗号手、無線手
      • 秘書・タイピスト
      • 簿記

名称の変遷[編集]

ロシア革命から現在までの変遷を記す。

歴代対外情報部長[編集]

対外情報部長
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
チェーカー外国課長 ヤコフ・ダヴィドフ 1920-1921 ペテルブルク大学中退 外務人民委員部沿バルト諸国課主任
チェーカー外国課長 ルーベン・カタニャン 1921.1-4 モスクワ大学 モスクワ・チェーカー
GPU外国課長 ソロモン・モギリョフスキー 1921.8-1922.5 ペテルブルク大学 チェーカー特別課特別全権代表
GPU(OGPU)外国課長 メール・トリリッセル 1922.5-1930.10 アストラハン市立実科学校 外国課長補佐
OGPU外国課長 スタニスラフ・メッシング 1929.9-1931.7 共産党員 ペトログラードOGPU長官
OGPU外国課長 アルトゥール・アルトゥゾフ 1931.7-1935.5 ペトログラード工科大学 外国課副課長
NKVD国家保安総局第7課長 アブラム・スルツキー 二等国家保安委員 1935.5-1938.2 中央アジア大学 OGPU外国課長
NKVD国家保安総局第7課長代行 セルゲイ・シュピーゲリグラス 国家保安少佐 1938.2 モスクワ大学中退 第7課副課長
NKVD国家保安総局第5課長 ゼリマン・パッソフ 国家保安上級少佐 1938.3-10 第1局第5課長
NKVD国家保安総局第5課長代行 パヴェル・スドプラトフ 1938.11-12 キエフ政治職員訓練課程 第5課副課長
NKVD国家保安総局第5課長 ウラジーミル・デカノゾフ 1939 サラトフ大学、バキン大学 グルジア人民委員会議副議長
NKVD国家保安総局第5課長 パーヴェル・フィーチン 中将 1939-1946.6 チミリャゼフ名称農業アカデミー 第5課副課長
ピョートル・クバトキン 中将 1946.6-9 NKVD中央学校 レニングラード州国家保安局長
情報委員会副議長 ピョートル・フェドトフ 中将 1946.9-1949.9 防諜局長
情報委員会副議長 セルゲイ・サフチェンコ 中将 1949.9-1953.3 国家保安次官
ワシーリー・リャースノイ 中将 1953.3-5 国家保安次官
エフゲニー・ピトヴラノフ 中将 1953 モスクワ輸送技師大学
アレクサンドル・コロトコフ 1953-1954
KGB第1総局長 アレクサンドル・パニュシキン 少将 1953.7-1955 レニングラード騎兵学校 駐華非常全権大使
KGB第1総局長 アレクサンドル・サハロフスキー 大将 1956-1971 V.I.レーニン名称軍事政治アカデミー
KGB第1総局長 フョードル・モルチン 中将 1971-1974 アルザマス教員大学 第1総局副総局長
KGB第1総局長 ウラジーミル・クリュチコフ 1974-1988 サラトフ法律専門学校 第1総局副総局長
KGB第1総局長 レオニード・シェバルシン 中将 1989-1991 モスクワ国立国際関係大学 第1総局副総局長
SVR長官 エフゲニー・プリマコフ 1991-2000 モスクワ東洋学大学 中央情報庁長官
SVR長官 ヴャチェスラフ・トルブニコフ 上級大将 1996.1-2000.5 モスクワ国立国際関係大学 SVR第一次官
SVR長官 セルゲイ・レベジェフ 上級大将 2000.5-2007.10 キエフ工業大学チェルニゴフ分校 駐米SVR公式代表
SVR長官 ミハイル・フラトコフ 予備役大佐 2007.10- モスクワ工作機械大学 首相

参考文献[編集]

  • "КГБ: разведывательные операции от Ленина до Горбачева", Олег Гордиевский, Кристофер Эндрю

脚注[編集]

  1. ^ KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史(下)の付録Cから

関連項目[編集]

外部リンク[編集]