セレウコス4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セレウコス4世フィロパトルΣέλευκος Δ' Φιλοπάτωρ:Seleucus IV Philopator、紀元前218年? - 紀元前175年)はセレウコス朝シリアの王(在位紀元前187年 - 紀元前175年)。アンティオコス3世(大王)の子。アンティオコス4世エピファネスの兄。フィロパトル(愛父王)と称される。

生涯[編集]

アンティオコス3世シリア戦争においてローマに敗北し、アパメア和約(紀元前188年)により莫大な賠償金を課せられたため、父の死後即位したセレウコス4世は賠償金の支払いに苦しめられる事となった。国力の弱体化が進んだため、ローマ、アンティゴノス朝マケドニアプトレマイオス朝エジプトなどとは良好な関係継続に努めた。

セレウコス4世は賠償金支払いのためエルサレム神殿の財宝略奪を図り、財務長官ヘリオドロスを派遣した。ヘリオドロスは王位を狙っており、王を暗殺した。ヘリオドロスはまもなくアンティオコス4世エピファネスに倒され、彼が後継者となった(紀元前175年)。

セレウコス4世の子デメトリオス1世ソテルは、ローマの人質となっており、後に帰還して王位を奪取した(紀元前161年)。

先代:
アンティオコス3世
セレウコス朝君主
紀元前187年 - 紀元前175年
次代:
アンティオコス4世エピファネス