スミス-パーセル効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スミス-パーセル効果(スミス-パーセルこうか)は金属回折格子の表面に沿って、格子の溝と垂直方向に電子ビームが走るときにおこる放射現象のことである。電子電荷格子面についての鏡像電荷との双極子モーメントが、格子面の波形に従い振動的に変化するために起こる双極子放射である。

参考文献[編集]

  • S. J. Smith and E. M. Purcell, Visible Light from Localized Surface Charges Moving across a Grating, Phys Rev 92, 1069 (1953), 10.1103/PhysRev.92.1069 [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]