スティッチリッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティッチリッパー

スティッチリッパー: stitch ripper)、ステッチリッパーシームリッパー: seam ripper)とは、小型の裁縫道具での代わりに縫い目などを切る道具である。単に「リッパー」とも呼ばれる。

概要[編集]

プラスチックなどの持ち手の先に、小型のY字型(片方が長くなっており十手の様な形状)の刃先を持つ。長いほうの端は細く鋭い状で、刃物としての刃はノド部分に存在する。

使い方[編集]

縫い目のと生地の間に細い先端を差し入れ、糸を浮かせてノドの刃で切断する。 などでは生地を傷つけてしまうような細かい箇所でも糸だけを切ることができる。

関連項目[編集]