スカイシティー1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカイシティー1000とは、竹中工務店によって1989年に構想されたハイパービルディング。居住施設や商業施設、娯楽施設、公園などを建物内に集約し、建物内だけで生活できるような空中都市の実現をめざす。高さ1000m、床面積800haで、36000人が居住し、100000人が就業できる。

計画内容[編集]

高さ56mの正六角形型の凹型の段層(空中台地)を14段に重ね、下の段層を大きく、上の段層を小さくすることで全体として側面が緩やかなカーブを描くようにし、また各段層の間に隙間を設けることで、強風の影響を受けにくくする。

段層の凹んだ部分には広場を作り、それを取り囲むようなスペースを居住用などに使う。このスペースには何箇所か隙間(スーパーカラム)を設け、火事が起きた際に被害を受ける部分を最小限にする。

高速のエレベーターやモノレールを走らせ、建物内の移動手段とする。

外部リンク[編集]