ジョン・エヴァンス (考古学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・エヴァンス
ジョン・エヴァンス
人物情報
生誕 1823年11月17日
死没 1908年5月31日(満84歳没)
学問
研究分野 考古学地質学
主な受賞歴 ライエル・メダル(1880年)
テンプレートを表示

ジョン・エヴァンス(Sir John Evans、1823年11月17日 - 1908年5月31日)はイギリス考古学者地質学者である。

バッキンガムシャーのBritwell Courtに、Market Bosworthグラマースクール校長の息子として生まれた。製紙会社社長を務めながら、骨董品古銭収集家として有名になった。『古代イギリスの貨幣』(The Coins of the Ancient Britons:1864)、『古代イギリスの石器、武器、装飾品』(The Ancient Stone Implements, Weapons and Ornaments of Great Britain :1872)、『古代イギリス、アイルランドの青銅器、武器、装飾品』(The Ancient Bronze Implements, Weapons and Ornaments of Great Britain and Ireland:1881) を著した。

骨董品協会 (Numismatic Society)、ロンドン地質学会人類学研究所英語版化学工業協会英語版などの会長を務めた。

1880年、ロンドン地質学会からライエル・メダルを受賞した。

息子のアーサー・エヴァンズクレタ島クノッソス遺跡を発掘したことで有名な考古学者である。

関連項目[編集]