ジョゼフ・ババンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・ババンスキー

ジョゼフ・ジュール・フランソワ・フェリックス・ババンスキーJoseph Jules François Félix Babinski, 1857年11月17日 - 1932年10月29日)は、フランスの医学者である。バビンスキー反射の発見者として知られる。

生涯[編集]

パリにて生誕。両親はポーランド人であったが、1848年ワルシャワからパリに亡命した。ポーランド名では「Józef Franciszek Feliks Babiński」(ユゼフ・フランチシェク・フェリクス・バビンスキ)と綴る。

1884年、サルペトリエール病院(Hôpital de la Salpêtrière)に職を得て、教授ジャン=マルティン・シャルコー(Jean-Martin Charcot)のもと、医長を務めた。1890年にパリ病院の医長となり、「ヒステリーは暗示によって起こる」とする説を展開した。1903年にバビンスキー反射を発見した。

フランス神経病学会の共同設立者の1人として名を連ね、1914年には医学アカデミーの会員に選出された。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]