ジュール=ピエール・ヴェロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール=ピエール・ヴェロー

ジュール=ピエール・ヴェロー(Jules Pierre Verreaux、1807年8月24日 - 1873年9月7日)はフランスの植物学者、鳥類学者である。

生涯[編集]

父親は博物学の事物を扱う会社、メゾン・ヴェローを設立した剥製士で、叔父はパリ自然史博物館のpréparateurのドゥラランデ(Pierre Antoine Delalande)であった。家族環境から博物学に興味を持った。1818年、12歳余りの時に叔父のドゥラランデに伴われ、南アフリカの探検調査に赴き、ドゥラランデらは3年間の探検の後、13000種の種(1000種の昆虫)を持ち帰った。パリに戻った後、ジョルジュ・キュヴィエイジドール・ジョフロワ・サン=ティレールとともに学んだ。1825年に再び南アフリカに戻り、13年間、南アフリカに留まった。父親の博物学標本の貿易の仕事を手伝う一方、動物学者のアンドリュー・スミスとともにケープ自然史博物館の設立に参加した。

弟のエドゥワールと共に、東南アジアの採集旅行も行った。1838年に集めた標本とともにパリに戻る途中に船が難破し、ヴェローは生き残ったが標本は失われた。パリで父親の店を手伝った後、1842年にパリ自然史博物館の調査隊に雇われた。5年間に渡って、オーストラリア、タスマニアを採集し15000種のコレクションとともにフランスに戻った。1864年に自然史博物館の博物学者助手に採用され剥製の仕事を行った。

彼の時代の最大の鳥類学者の一人と評価されており、以下のような動物の学名、フランスでの動物の名に献名されている。

  • coua de Verreaux - Coua verreauxi
  • colombe de Verreaux - Leptotila verreauxi
  • paradoxornis de Verreaux - Paradoxornis verreauxi
  • aigle de Verreaux(コシジロイヌワシ) - Aquila verreauxii
  • propithèque de Verreaux(ベローシファカ) - Propithecus verreauxi
  • Litoria verreauxii

参考文献[編集]

  • Bird Names and the People They Commemorate, New Haven et Londres, Yale University Press, 2003, 400 p. (ISBN 030010359X) .
  • Maurice Boubier, L’Évolution de l’ornithologie, Paris, Alcan, coll. « Nouvelle collection scientifique », 1925, ii + 308 p.
  • Philippe Jaussaud et Édouard R. Brygoo, Du Jardin au Muséum en 516 biographies, Paris, Muséum national d’histoire naturelle de Paris, 2004, 630 p. (ISBN 2-85653-565-8) .
  • Barbara Mearns et Richard Mearns (ill. Darren Rees), Biographies for Birdwatchers : The Lives of Those Commemorated in Western Palearctic Bird Names, San Diego et Londres, Academic Press, 1988, xx + 490 p. (ISBN 0124874223) .