ジュリウス・ピーターセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリウス・ピーターセン

ジュリウス・ピーターセン(Julius Peter Christian Petersen、1839年6月16日 - 1910年8月5日)はデンマーク数学者

略歴[編集]

ピーターセンの数学上の関心は広く、幾何学複素解析数論数理物理学数理経済学暗号理論グラフ理論に及んだ。彼の著名な論文「Die Theorie der regulären graphs」[1]は今日知られているグラフ理論への基礎的な貢献を果たした。1898年、今日ではピーターセングラフと呼ばれている3色辺彩色できないグラフを考案した。

1880年には幾何学的に関する書物を出版し、1890年にはフランス語に翻訳された。

ピーターセン生誕150周年には、彼の生涯を詳細に記したDiscrete Mathematicsの特集号が出された[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Petersen, J. (1891). “Die Theorie der regulären graphs”. Acta Mathematica 15: 193–220. doi:10.1007/BF02392606. 
  2. ^ Lützen, J.; Sabidussi, G. and Toft, B. (1992). “Julius Petersen 1839–1910 a biography”. Discrete Mathematics 100 (1–3): 9–82. doi:10.1016/0012-365X(92)90636-T. 

外部リンク[編集]