ジュディ・ダナウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュディ・ダナウェイ
Judy Dunaway
基本情報
出生 1964年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国、ミシシッピ州
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 実験音楽、即興音楽
職業 作曲家、即席演奏家
コンセプチュアル・アーティスト
担当楽器 バルーン

ジュディ・ダナウェイJudy Dunaway, 1964年 ミシシッピ州 - )は、アメリカ合衆国作曲家、即席演奏家、コンセプチュアル・アーティスト。主として、ラテックスのバルーン(風船)のための音楽作品で知られている。ダナウェイはバルーンを楽器として扱い、1990年以降、そのための曲を30曲以上作曲し、また即興演奏も行っている。

経歴[編集]

ニューヨーク州立大学ストーニブルック校では、電子音楽作曲家のDaria Semegenやマルチメディア・アーティストのChrista Ericksonの下で学び、作曲のPh.D.を得た。さらに、コネチカットのウェズリアン大学ではアルヴィン・ルシエ(en:Alvin Lucier)について勉強し、実験音楽のMA(Master of Arts)(文学修士)を、さらにニューヨーク市立大学ハンター校からも音楽教育のBS(Bachelor of Science)(理学士)を取得した。

ダナウェイのバルーン作品および即興演奏は北米やヨーロッパの会場、フェスティヴァルで披露されている。具体的には、リンカーン・センターの戸外、REDCAT、ソーホー・アート・フェスティヴァル、オルタナティブ・ミュージアム、ニッティング・ファクトリー(en:Knitting Factory)、パフォーマンス・スペース122(en:Performance Space 122)、ルーレット、エクスペリメント・インターメディア、サウンドラボ(en:Soundlab)、ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート、バング・オン・ア・カン(en:Bang on a Can)・フェスティヴァル、ゲルフ・ジャズ・フェスティヴァル、ベルリンのPodewil、カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センターといったところである。また、バルーン・プレイヤーとしては、ジョン・ゾーンやロスコー・ミッチェル(en:Roscoe Mitchell)の作品で演奏したり、フラックス弦楽四重奏団、パフォーマンス・アーティストのアニー・スプリンクル、ヴィデオ・アーティストのゼヴ・ロビンソン、ヴィジュアル・アーティストのナンシー・デイヴィッドソンとケン・バトラー、パーカッション奏者のジョン・ホーレンベック(en:John Hollenbeck)、マット・モラン、イルミナチ・ビッグ・バンド、DJ Singe、他大勢とのコラボレーションによる即興演奏を行っている。ダナウェイのバルーン作品には、エレクトロニックおよびマルチメディア作品、サウンド・インスタレーション(en:Sound installation)の他、弦楽四重奏合唱、日本のといった従来の楽器との共演も含まれる。

ダナウェイは社会運動や文明批評にも関わっていて、最近では、『Sex Workers' Internet Radio Lounge』というセックスワーカーen:Sex worker)の人権に関係したオーディオ・アートと運動のための非営利目的の教育的ネット配信を立ち上げた。

ディスコグラフィ[編集]

  • Judy Dunaway(1991年、廃盤)アバンギャルド・フォークと自由即興。
  • Judy Dunaway and the Evan Gallagher Little Band(1993年、AMF/2002年、Lilly Myrtle Music)アート・ロック作品集。
  • ジョン・ゾーン『コブラ』(1994年、Knitting Factory Works)バルーンによる即興で参加。
  • New York Guitars(1995年、Composers Recordings, Inc./CRI)コンピレーション。エレクトリック・ギター作品『Fifty 210』。
  • The Alt.coffee Tapes(Katahdin Recordings)共演はマット・モラン、ジョン・ホーレンベック、他。“The Alt.coffee Tapes” (www.tedreichman.com)
  • Judy Dunaway: Balloon Music(1998年、Composers Recordings, Inc./CRI)共演は刀根康尚(en:Yasunao Tone)、Dan Evans Farkas。
  • Shar: Pop Music(2001年、Outer Realm Records)共演はIlja Komarov(ベース)、Trixa Arnold(ドラムス)Shar: Pop Music (Outer Realm Records)
  • Mother of Balloon Music(2006年、Innova Recordings)共演はフラックス弦楽四重奏団、水谷隆子、Damian Catera。Mother of Balloon Music (Innova Recordings)

読書案内[編集]

  • Musicworks Magazine, Winter, 2002, “My Beautiful Balloon, Part II: Orchestration and Playing Techniques for Balloons as Sound Producers,” by Judy Dunaway, pp. 40-46.
  • Musicworks Magazine, Fall, 2001, “My Beautiful Balloon, Part I: A History of the Balloon as a Sound Producer in Experimental Music,” by Judy Dunaway, pp. 14-21.
  • "Getting Physical (New York Guitars: Loren Mazzacane Connors, Didkovsky, Phil Kline, John King, Judy Dunaway; Emergency Broadcast Network)" by en:Kyle Gann, en:Village Voice, October 10, 1995 (Vol. XL No. 41, p. 66).
  • "Pop! Goes the Music," by Kyle Gann, Village Voice, August 8, 1995 (Vol. XL No. 32, p. 67).

外部リンク[編集]