ジエタノールアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジエタノールアミン
識別情報
CAS登録番号 111-42-2
PubChem 8113
EINECS 203-868-0
KEGG D02337
ChEBI CHEBI:28123
RTECS番号 KL2975000
特性
化学式 C4H11NO2
モル質量 105.14 g/mol
密度 1.090 g/cm3
融点

28.0 °C

沸点

217 °C

への溶解度 可溶
蒸気圧 < 0.01 hPa (20 °C)
危険性
MSDS Oxford MSDS
Rフレーズ R20/21/22, R36/37/38
引火点 169 °C c.c.
発火点 370 °C
爆発限界 1.7 - 6.4 %
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジエタノールアミン(Diethanolamine)は、しばしば略号DEAであらわされる有機化合物である。二級アミンジオールの化合物で、ジオールは分子内に二つのヒドロキシ基を持つ化合物である。他のアミン同様、ジエタノールアミンは弱塩基性を示す。

別名としてビス(ヒドロキシエチル)アミン, ジエチロールアミン, ヒドロキシジエチルアミン, ジオールアミン, and 2,2'-イミノジエタノールと呼ばれる。

DEAやその誘導体は化粧品やシャンプーの一般的な成分として、クリーム状の触感や泡立ちを良くする機能に用いられる。DEA誘導体にはラウリルアミドジエタノールアミン、ヤシ油ジエタノールアミドなどがある。

製造[編集]

モノエタノールアミン酸化エチレンアンモニア水溶液とから製造され、反応条件によりジエタノールアミンやトリエタノールアミン をも生成する。これらの生成物の比率は原料の化学量論の量を制御することで変化させる。[1]

Reaction of ethylene oxide with ammonia.png

反応[編集]

モルホリン硫酸を用いてDEAを脱水して製造される[1]

Morpholine from DEA.png

安全性[編集]

DEAおよびその誘導体は癌のリスクを増大させる懸念がもたれている。DEAのアミノ基が化粧品の製造過程でニトロソアミン類(N-ニトロソジエタノールアミン)に一部変化するというもので、ニトロソアミン類は高い発がん性で知られている。[2] また、DEA と習慣性流産との関連についての動物実験が知られている[要出典]

しかし、マウスでの実験で発がん性が認められているがこれはコリン欠乏によって引き起こされる結果であり、このようなコリン欠乏やそれに伴う発達障害はヒトでは起こらないと考えられているため[3]、一般に安全だとみなされている。

DEA 吸湿性を持つので、使用目的によっては常時デシケーターに保管すべきである。

註・出典[編集]

  1. ^ a b Klaus Weissermel, Hans-Jürgen Arpe, Charlet R. Lindley, Stephen Hawkins (2003). “Chap. 7. Oxidation Products of Ethylene”. Industrial Organic Chemistry. Wiley-VCH. pp. 159-161. ISBN 3527305785. 
  2. ^ Prevent Cancer website entry on DEA
  3. ^ Review of the carcinogenic activity of diethanolamine and evidence of choline deficiency as a plausible mode of action.

外部リンク[編集]