ジェス・ウィラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェス・ウィラード

ジェス・ウィラード"The Pottawatomie Giant" Jess Willard, 1881年12月29日 - 1968年12月15日)は、プロボクサーアメリカ合衆国カンザス州ポットタワトミー出身。
身長2メートルの巨漢。29歳でボクシングを始める。黒人初の世界ヘビー級王者ジャック・ジョンソンからタイトルを奪ったことで、一躍全米のヒーローとなる。しかし、それによって慢心が生まれ、翌1916年3月のフランク・モランとの初防衛戦では無判定、そして1919年、新鋭のジャック・デンプシーを迎えての2度目の防衛戦はオハイオ州トレドで行われ、デンプシーのパンチにめった打ちにされた末、3ラウンドに倒される。この試合は「トレドの惨劇」と名付けられ、近代ボクシング史上最も凄惨な試合とされる。

来歴[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング:36戦24勝21KO7敗1分4無判定

関連記事[編集]