ショロトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショロトル

ショロトル(Xolotl)は、アステカ神話金星の神。炎と不幸の神でもある。 ケツァルコアトルの双子とされる。

脚が後ろ向きのの姿をしており、その眼窩は空洞である。

かつて神々が太陽を作り出そうとしていた時、 多くの神々がその身を犠牲にしなければならなくなった。 ショロトルは嫌がったが、 他の神々はこの世に太陽をもたらすために、その多くがその身を太陽に捧げていった。 かくして太陽は完成したが、ショロトルは仲間のいない寂しさに耐えられずに号泣し、余りの涙の量に両目玉まで流れ出てしまった。 そのため、ショロトルには眼球がないとされている。

別の説では、太陽の生け贄になる事を嫌がり、水の中に逃げ込みメキシコサラマンダーになったとされている。

参考文献[編集]

  • 『西洋神名事典』 新紀元社、1999年、112頁。