シャッターコーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャッターコーン (shatter cone) とは、巨大隕石衝突口の下の地盤でできる珍しい地質。ほぼ円錐形で、円錐の頂点から放射する細いを持つ。シャッターコーンは、小さなものでは2.5cm、大きなものでは数mまで達するものもある。 長さ10m以上の非常に大きなものが、カナダスレート諸島 (Slate Islands) から発見されている。 円錐状のシャッターコーンのは、一般に衝突中心から放射状に外向きになっており、複数のシャッターコーンの軸の向きから、大体の衝突中心を推測できる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 衝撃石英 - 隕石衝突孔にできる石英構造。構造の縞模様は、Planar Deformation Feature (PDF) と呼ばれる。

外部リンク[編集]