ザ・プライス・オブ・シュガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・プライス・オブ・シュガー
The Price of Sugar
監督 ビル・ヘイニー
脚本 ビル・ヘイニー
ピーター・ローデス
ナレーター ポール・ニューマン
出演者 クリストファー・ハートリー
配給 MITROPOULOS FILMS
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年3月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

ザ・プライス・オブ・シュガー』(原題:The Price of Sugar)は、2007年に制作されたドキュメンタリー映画。ビル・ヘイニー監督。原題の意味は『砂糖の値段』。 ドミニカ共和国のビシニ家の砂糖農園で不法移民として監禁されながら働き搾取されるハイチ人とそれを支援する神父クリストファー・ハートリーを追う。またハートリーに対するドミニカ人の敵意も映し出した。

反響[編集]

この作品は2007年のサウスバイサウスウェスト (South by Southwest映画祭の観客賞を受賞した。ビシニ家は米法律事務所パットン・ボグス (Patton Boggsに依頼して上映差し止めを図った。

脚註[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]