サン・ヴィクトールのアダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サン・ヴィクトールのアダン あるいは アダン・ド・サン・ヴィクトール Adam de St.Victor, ? - 1146年1月)は、中世フランスの作曲家、詩人。

1107年頃からパリのノートルダム大聖堂(正しくは、現在のゴシック様式以前のロマネスク様式の聖堂)のカントル( cantor 先唱者、聖歌隊長)、また1133年頃まで高位の聖職を務めた。カントルとしては「パリのマギステル・アルベルトゥス」の前任者に当たる。その後、同じパリのサン・ヴィクトール修道院へ移籍し、亡くなるまでこの修道院の修復に尽くした。

既存のセクエンツィアの旋律に合わせて多くの優れた詩(プローザ)を創作し、その『セクエンツィア集』は12世紀を代表する詩集としても知られる。

関連項目[編集]