サナナ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サナナ島
地理
場所 東南アジア
座標 南緯2度12分 東経125度55分 / 南緯2.200度 東経125.917度 / -2.200; 125.917
所属群島 マルク諸島
面積 558 km2 (215.4 sq mi)
北マルク州
最大都市 サナナ
Fort De Verwachting in 1921

サナナ島(サナナとう、Sanana, 旧島名 Xulla Besi[1])は、インドネシアマルク諸島の一部であるスーラ諸島の中にある島である。また、サナナはその島最大の集落の名前であり、オランダ時代の砦(Benteng De Verlachting)の本拠であった[2][3]

サナナ島は、南緯2度12分 東経125度55分 / 南緯2.200度 東経125.917度 / -2.200; 125.917 (サナナ島)座標: 南緯2度12分 東経125度55分 / 南緯2.200度 東経125.917度 / -2.200; 125.917 (サナナ島)の位置にあり、マンゴレ島の南にある。島の面積は、558 km2である。

サナナ島の空港は、トリガナ航空によって運航されテルナテアンボンと接続している[4]

マルク諸島全体に起きたことだが、サナナ島は1999年にイスラム教徒キリスト教徒との宗教民族間の緊張に苦しんだ[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Goodall, George (Editor)(1943) Philips' International Atlas London, George Philip and Son map 'East Indies' pp.91-92
  2. ^ Lonely Planet guide to Indonesia 2010, page 741
  3. ^ Photo of Sanana's fort before 1920
  4. ^ http://www.trigana-air.com