サッターム・ビン・アブドゥルアズィーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サッターム・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウードアラビア語: سطام بن عبد العزيز آل سعود‎、Sattam bin Abdul Aziz、1941年 - 2013年2月12日)とはサウジアラビアの王族、リヤード州の知事。勧善懲悪委員会の委員を務めた。

1941年に首都リヤドで初代アブドゥルアズィーズ王の王子として生まれる。アメリカのサンディエゴ大学に留学して経営学博士を取得。1979年から2011年までリヤード州副知事を務め、2011年にリヤド州知事に就任した。

また勧善懲悪委員会の委員も務め、厳しいイスラム原理主義者として、バレンタインデー禁止、イヌやネコの販売および公の場での散歩を禁止、広場で洋服を着て踊っていた若者57人を逮捕するなどの数々の禁止令を出し、宗教警察を動員して厳しい取締りを行ったことで有名である。

外部リンク[編集]