コンスタンティノス・ツィクリティラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンティノス・ツィクリティラス
オリンピック
男子 陸上競技
1912 立ち幅跳び
1908 立ち幅跳び
1908 立ち高跳び
1912 立ち高跳び

コンスタンティノス・ツィクリティラス (ギリシャ語:Κωνσταντίνος Τσικλητήρας、ローマ字: Konstantinos Tsiklitiras、1888年10月30日- 1913年2月10日)は、ギリシャの元陸上競技選手。彼は1908年ロンドンオリンピックから2大会連続してオリンピックに出場し、立ち幅跳と立ち高跳びの両種目で金メダルを含む4つのメダルを獲得した。また、彼は19回ギリシャのチャンピオンに輝いている。

しかし1913年に、ツィクリティラスは従軍していたバルカン戦争髄膜炎に罹り24歳の若さでこの世を去った。