ケイト・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイト・スミス

ケイト・スミス(Kate Smith, 1907年5月1日 - 1986年5月1日)はアメリカ合衆国歌手アメリカ合衆国ワシントンDCに生まれ、幼い時より歌手となりラジオを中心に人気となる。

経歴[編集]

1930年代、CBSラジオの番組を持つ。「ハローみなさん」で呼びかけてケイトが歌を歌う番組である。 伴奏はミラー楽団が行った。また、1938年ゴッド・ブレス・アメリカを歌ったことでこの歌を全米に広げた。 第二次世界大戦では、慰問歌手として戦場のアメリカ兵に歌いかけた。

NHLフィラデルフィア・フライヤーズのホームゲームで、試合開始前にゴッド・ブレス・アメリカを歌っており、彼女が歌った試合ではフライヤーズは19勝1敗1分、1974年にスタンレー・カップ優勝が決まった試合でも歌っている[1]

ふくよかで愛嬌のある風貌で往年のアメリカ人にとって人気のあった歌手である。「南部の歌う鳥」との愛称もある。

1986年5月1日、フロリダ州ノースカロライナで79歳で死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加藤じろう (2010年6月3日). “勝ち運に恵まれた選手”. 「語り部」通信. 2012年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]