グアムの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアムの戦い
日本軍の防御陣地と米軍の上陸地点中
Battle of Guam map-ja.jpg
戦争太平洋戦争 / 大東亜戦争
年月日1944年7月21日 - 8月10日
場所マリアナ諸島グアム島
結果:アメリカの勝利
交戦勢力
日本の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指揮官
高品彪中将 ロイ・ガイガー中将
戦力
18,500人 2個師団、55,000人
損害
死者18,000人
負傷者485人
死者3,000人
負傷者7,122人
マリアナ・パラオ諸島の戦い
戦艦ニューメキシコから撮影された上陸前の爆撃
攻撃によって炎上するグアムの飛行場
上陸の8分後に星条旗を立てる海兵隊

グアムの戦い(グアムのたたかい、Battle of Guam)は、太平洋戦争大東亜戦争)におけるマリアナ-パラオ戦役の戦いの一つ。サイパンの戦いに次ぐ死傷者を出した。

グアム島マリアナ諸島中ので、大戦開始前にはアメリカの統治下にあったが1941年12月10日日本軍の攻撃によって奪われていた。飛行場を有し、絶対国防圏内の要所であり、アメリカ軍の侵攻に伴い攻撃目標となることが予測されたため、1944年には陸軍第29師団及び第48独立混成旅団が派遣された。アメリカ軍はこれを奪還すべく第77歩兵師団と第3海兵師団を派遣した。

アメリカ軍のサイパン島侵攻時にパラオへ出張中で、サイパン島へ帰れなくなっていた第31軍司令官小畑英良中将は、グアムで指揮をとっていた。サイパン島の玉砕により第31軍司令部が壊滅すると、第31軍司令部はグアムで再編成され、サイパンで戦死した井桁敬治参謀長の後任として、中部太平洋方面艦隊参謀副長として海軍との調整役に当たっていた田村義冨少将が任命された。

戦闘の経過[編集]

日本軍は2年をかけて強固な防御陣地を構築していた。 アメリカ軍は、まず戦艦による艦砲射撃と空母艦載機及び陸上爆撃機(B-29)による爆撃を行った。予定では6月18日には部隊を上陸させるはずであったが、高射砲及び巡洋艦から取り外した高角砲によってアメリカ軍機を執拗に攻撃するなど日本軍側は頑強な抵抗を繰り返した。マリアナ沖海戦などによって計画が大幅に遅延したアメリカ側は7月21日(W-Day)には陸軍と海兵隊の上陸を開始している。日本軍の作戦計画では、サイパンと同様に水際作戦で侵攻を食い止めようとしたため、揚陸中のアメリカ軍に対し重火器等で激しい攻撃を加え、20両のLVT(水陸両用装軌車)を破壊したが、それでも物量に勝るアメリカ軍の侵攻を食い止めることはできなかった。しかし上陸初日、米軍の進軍はわずか180mでしかなかった。 激しい白兵戦や日本軍のバンザイ突撃を撃破した末、米軍はかろうじて進撃を続けた。 軍用犬も活用され、3年間占領されていた海兵隊兵舎の奪還も、名誉回復という観点から重要な米軍のミッションであった。

7月28日には師団長の高品彪中将が戦死。師団の指揮は小畑軍司令官が師団長代理として直卒したが、この戦いにおける組織的抵抗は収束した。それ以降も日本軍の残存部隊は抵抗を続けたものの、8月11日に小畑軍司令官と田村参謀長が自決、日本軍の組織的な抵抗は完全に停止、アメリカ陸軍は北部に達し、島の完全占領を成し遂げた。それでも一部の生き残った兵士はゲリラ戦を行って執拗に抵抗を行う。グアムの占領を成し遂げたアメリカ軍は、本島の飛行場を直ちに整備し、サイパン島等とともに日本本土への戦略爆撃の拠点とした。後に太平洋戦争終結後初の内閣総理大臣となる東久邇宮稔彦王は、この戦いの敗北で日本の敗北を察したという。

グアムでの戦いが終結した後、横井庄一伍長ら数名の日本兵が終戦を知らずにジャングルに潜伏し続けていた。1人生き残った横井は1972年(昭和47年)にグアム島住民に発見。保護された後、日本へ帰国している。

外部リンク[編集]

マリアナ・パラオ諸島の戦い
絶対国防圏 | マリアナ諸島空襲 | パラオ大空襲 | 松輸送 | 第3530船団 | サイパンの戦い | マリアナ沖海戦 | グアムの戦い | テニアンの戦い | ペリリューの戦い | アンガウルの戦い