クラリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラリオン株式会社
Clarion Co., Ltd.
Clarion.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6796 1962年8月上場
大証1部(廃止) 6796 1969年8月上場
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:330-0081
埼玉県さいたま市中央区新都心7-2
設立 1940年12月18日
業種 電気機器
事業内容 カーオーディオ、カーナビゲーション、車載用カメラ等の製造販売
代表者 取締役会長兼CEO 泉 龍彦
取締役社長兼COO 川本 英利
資本金 261億円
発行済株式総数 282,744,185株
売上高 連結:1,747億円、単体:1,317億円
(2010年3月期)
営業利益 連結6億円(2010年3月期)
純利益 連結5.5億円(2010年3月期)
純資産 連結:93億円、単体:94億円
(2010年3月)
総資産 連結:1,127億円、単体:1,041億円
(2010年3月)
従業員数 連結:10,132人、単体:1,075人(※出向者は除く)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社日立製作所 63.66%
主要子会社 クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社、クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス株式会社、クラリオンアソシエ株式会社
外部リンク http://www.clarion.com/
テンプレートを表示

クラリオン株式会社Clarion Co., Ltd.)は、埼玉県さいたま市中央区新都心に本社を置く日本の車載音響機器メーカー。日立グループ日立製作所の連結子会社)。社名は高音域の巻管の楽器クラリオン(ビューグル)に由来する。

概要[編集]

カーAV(カーオーディオカーナビゲーション)、バス用の放送装置などが主力商品である。日産ホンダを始めとする国内各自動車メーカーや、日本国外ではPSA・プジョーシトロエンルノー等へ純正ナビ・オーディオをOEM納入している。2005年にはApple iPodと連携したカーオーディオ、「VRX755VD」(北米向け)を発売し、引き続き日本国内でも同様のカーオーディオやカーナビを発売した。日産純正カーナビでのiPod対応型も発売した。2007年には、多様なメディアの再生機能や高い耐久性が評価され、米国で販売していた「VRX935VD」と「VCZ625」の2製品がアメリカ航空宇宙局に採用された。カーAV機器としては世界で初めて、自動車と同じ12V電源を持つ国際宇宙ステーション内に取り付けられる。2012年6月には、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」を開始する。

バス用機器も事業の柱のひとつで、音声合成放送装置や運賃表示機、行先表示機、シンセサイザーカラオケなど多岐に亘る。特に国内路線バス向け音声合成システム市場においては、約7割のシェアを持つ。(2007年現在)

かつては家庭・施設向けのカラオケも手掛け、この販売・楽曲配給はBMBが行っていた。現在も歌広場等でクラリオン製スピーカー等が設置されているのを見ることができる。

2002年からコンテンツ事業を開始した。Webサイト・携帯公式サイトも運営している。「Movieum」「Smart Access」「おなまえ鑑定団」。

キャンペーンガール「クラリオンガール」を主催していたことでも有名である。同社カーナビゲーションのガイド音声役でもある。

シトロエン・C2に装着されているクラリオン製カーオーディオ

2010年発売のカーナビゲーションから、経路誘導時の音声を好みで変更することができる「ダウンロードボイス」を展開。現在では阿澄佳奈竹達彩奈金元寿子といった人気声優を起用している。

ブランド[編集]

  • 1980年代前半、カーオーディオ「City Connection」シリーズを発売し、エマニエル坊やが出演するCMが話題になった。
  • 1990年から2005年まで、日本国内でのカーAVのアフターマーケット用のブランドに「アゼスト」(ADDZEST)を使用していた(晩年期のCMには吉川晃司が出演)が、2006年から再び「クラリオン」に統一した。ちなみにノイズフィルターなどのアクセサリーパーツなどは「アゼスト」を冠することは無かった。
  • 2007年からブランドイメージキャラクターとしてジャミロクワイを起用。イメージムービーの中ではボーカルの「ジェイ・ケイ」がイタリア・ジョルジェット・ジウジアーロデザインのコンセプトカー「モレー」で街を疾走するシーンが見られる。

沿革[編集]

  • 1940年(昭和15年)12月 - 東京都文京区白山前町21番地に白山無線電機株式会社を設立、電池式家庭用ラジオの製造を開始。
  • 1943年(昭和18年)11月 - 瀧澤無線電機工業を合併、商号を帝国電波株式会社に変更。
  • 1948年(昭和23年) - 日本初のカーラジオを開発、発売。
  • 1962年(昭和37年)8月 - 東京証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 1963年(昭和38年)10月 - 日本初のカーステレオを開発。翌年発売。
  • 1968年(昭和43年)3月 - 日本初のカセットカーステレオを発売。 カラークッキング全20冊刊行開始。
  • 1969年(昭和44年)8月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 1970年(昭和45年)2月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所市場第一部に指定替。
  • 1970年(昭和45年)12月 - 商号をクラリオン株式会社に変更。
  • 1992年(平成4年)2月 - 日本初の音声誘導式ナビゲーションを発売。
  • 1998年(平成10年) - マイクロソフト社と共同で、世界初の車載コンピューター「Clarion AutoPC」を開発、発売。
  • 2005年(平成17年)5月 - 業界初、国内向けにiPod対応AV一体型HDDナビを発売。
  • 2006年(平成18年)12月 - 日立製作所TOBにより株式63.66%を取得し、日立製作所の連結子会社となる。
  • 2007年(平成19年)1月 - 日立製作所より同業のザナヴィ・インフォマティクスの全株式の譲渡を受ける。
  • 2007年(平成19年)8月 - 本社事務所をさいたま新都心へ移転し、名称を「本社事務所・技術センター」に変更。
  • 2007年(平成19年)12月 - 同社のDVDセンターユニットが、カーAV機器として世界で初めて国際宇宙ステーションに採用されることを発表。
  • 2009年(平成21年)4月 - 子会社のザナヴィ・インフォマティクスを吸収合併。[1]
  • 2010年(平成22年)10月 - 本社所在地をさいたま新都心へ移転し、名称を「本社・技術センター」に変更。
  • 2011年(平成23年)3月 - 世界初の車載用フルデジタルスピーカーを開発。
  • 2012年(平成24年)6月 - 自動車向けクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」を構築。北米、日本でサービスを開始。
  • 2013年(平成25年)5月 - Googleの音声認識・検索サービスを活用し「Smart Access」のクラウドサービスを拡充

主な取引先[編集]

外部リンク[編集]