クネセト・ハッ=ゲドーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クネセト・ハッ=ゲドーラーヘブライ語: כנסת הגדולה‎ kneseth hagGdholah、Great Assembly, Great Synagogue)、あるいは大集会は、 第二神殿時代の初期のユダヤ教の制度で、立法を司る組織。 預言者時代の終わりである紀元前450年頃から、ラビ・ユダヤ教の自立した前200年頃に開かれていた。メンバーは120人。クネセト・ハグドラとも。

実際にはこの時代のことは未だしっかりと解明されていない。

常設ではなく、必要に応じて開かれ、立法の機能を持つ穏やかな組織であったとされる。 当時のユダヤ教面での大きな役割を果たし、祈祷書ミクラーの成立に重大な影響を及ぼした。

ハハーミームソフリームタナイームアモライームのこと。紀元前6世紀から後6世紀までのハラハー面での指導者)は、エズラが初期の指導者であり確立者であったとしている。

現代イスラエル国[編集]

クネセトを参照。

外部リンク[編集]