キウロコタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キウロコタケ
Stereum hirsutum - False Turkey Tail.jpg
分類
: 菌界
: 担子菌門
: 真正担子菌綱
: ベニタケ目
: ウロコタケ科
: キウロコタケ属
: キウロコタケ
学名
Stereum hirsutum
シノニム

Auricularia aurantiaca Schumach., (1803)
Auricularia reflexa Bull., (1786)
Boletus auriformis Bolton, (1788)
Helvella acaulis Pers., (1778)
Stereum hirsutum var. cristulatum Quél., (1872)
Stereum reflexum (Bull.) Sacc., (1916)
Thelephora hirsuta Willd., (1787)[1]
Thelephora reflexa (Bull.) Lam. & DC., (1805)

和名
キウロコタケ

キウロコタケ (学名: Stereum hirsutum) はベニタケ目ウロコタケ科キウロコタケ属の菌類。植物の病原菌である。キウロコタケはTremella aurantiaなどの他種によって寄生される[2]。キウロコタケの下地は切断された舷部や幹にあり、針葉樹広葉樹にかまわず生育する[3]

とても硬く食用にはならない。

[編集]

  1. ^ Species Fungorum. 2009
  2. ^ C. Michael Hogan. 2009
  3. ^ USDA. 2009

参考文献[編集]