カーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Khaba-DolomiteBowlBearingHisName.png

カーバァ(Khaba)は、エジプト古王国ファラオであり、一般にはエジプト第3王朝の終盤に統治したファラオとして知られている。セケムケトの後継者であり、セケムケトと Djeseretnebti の間の息子だと考えられている。またカーバァは紀元前2640年から紀元前2637年の比較的短い4年間在位したと考えられているが[1]、この時期は、乏しい確証に基づく憶測の多い時代でもある。

カーバァは、ギザの2km南方ザウィト・エル・アリヤンにある層状ビラミッドと関係があると言われている。これは未完成のピラミッドで、約42-45mの高さになるはずだが、20mまでしか建設されなかった。このピラミッドをカーバァと結びつける直接的な碑文は存在しないが、ピラミッドのすぐ北にあるマスタバZ-500の付近にある4つか5つの建造物と8つのアラバスターはカーバァが作ったものだと証明されている[2]

この王は『トリノ王名表』に「消去」として記載されており、これは彼の治世下で王朝上の問題が起こったか、この表を作成した書記官が、さらに古代の記録から完全に判読できなかったことを示唆している。またカーバァは実は第3王朝最後のファラオであり、フニと同一人物であるという主張もされている。

カーバァの名前は、この王朝の終わり頃に確立されたカルトゥーシュよりもセレクで囲まれることが多いが、kha の音価を持つ日の出の記号と、ba の音価を持つクラハシコウの記号を組み合わせて表現される。彼の名前は、「魂が現れる」と翻訳される[3]

出典[編集]

  1. ^ Shaw, Ian, ed (2000). The Oxford History of Ancient Egypt. Oxford University Press. p. 480. ISBN 0-19-815034-2. 
  2. ^ Khaba
  3. ^ Peter Clayton, Chronicle of the Pharaohs, Thames and Hudson Ltd, 2006 paperback, p.38

外部リンク[編集]