カルパナ・スワミナタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルパナ・スワミナタン
誕生 1956年
インドの旗 インド ムンバイ
職業 小説家
外科医
ジャンル 小説推理小説児童文学
代表作 『第三面の殺人』(2006年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

カルパナ・スワミナタン(Kalpana Swaminathan、1956年 - )は、インド小説家外科医タミル系、女性。ムンバイ出身・在住。小説の創作に使用するのは英語

小説家としては、一般の小説や推理小説児童文学を執筆している。引退した元刑事の女性ラッリを探偵役に据えたラッリシリーズの第2長編『園丁の歌』(2007年)は現地でベストセラーになった。[1]

カルピシュ・ラトナ(Kalpish Ratna)という筆名で、同じく外科医であるイシュラト・シード(Ishrat Syed)と合作した著作もある。

作品リスト[編集]

  • ラッリシリーズ
    • Cryptic Death (1997)(謎めいた死) - 短編集
    • The Page 3 Murders (2006) - 『第三面の殺人』 波多野健訳、講談社 島田荘司アジア本格リーグ6、2010年6月 - シリーズ第1長編
    • The Gardener's song (2007)(園丁の歌) - シリーズ第2長編
  • 一般小説
    • Ambrosia for Afters(アンブロシアをデザートに)
    • Bougainvillea House(ブーゲンヴィリアの家)
  • 児童文学
    • Jaldi's Friends(ジャルディの友達)
  • ジャンル不明
    • The True Adventures of Prince Teentang
    • Dattatray's Dinosaur
    • Ordinary Mr Pai
    • The Weekday Sisters
    • Gavial Avial
    • Venus Crossing
合作

イシュラト・シードとの合作ペンネーム、カルピシュ・ラトナ名義

  • Doctor Wrasse of Crystal Rock(クリスタル・ロックのラス博士) 推理小説

脚注[編集]

  1. ^ 波多野健「インドの本格ミステリーの歴史と現在」参照

参考文献[編集]