カリフォルニア州州務長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリフォルニア州州務長官 (Secretary of State of California) は、カリフォルニア州州務長官であり、州政府の窓口としての広範な任務を受け持つ。カリフォルニア州州務長官はカリフォルニア州選挙管理の最高責任者であり、州民が政治過程に直接参加する手段を保証する責任を負っている。任期は1期あたり4年。任期制限により三選は禁止され、再選されたら次回は退かねばならない。

任務[編集]

カリフォルニア州州務長官は、州民の政治参加を促し、州の選挙を監督する義務を負う。州務長官は全候補者の選挙公約を公式に記録し、投票集計の指揮と承認、有権者登録の管理を担当しなければならない。

加えて州務長官は、州務長官は州の法案についてその内容を確認し、章番号を付与し、州公章を押印する役割を担う。州の法案は、この過程を経てはじめて法律としてその効力を有するようになる。また州務長官は、州内で使用される計量単位の標準化、州議会のすべての記録の受領およびその目録の作成、新規設立企業の定款登記および商標登録を監督する。

歴史[編集]

カリフォルニア州州務長官は、州成立以来、公選によって選出され、州の行政府に属してきたが、その任務は時代とともに変遷している。1889年までは、州務長官が州政府のすべての文書ならびに、1849年および1879年州憲法を含む秋分解散の保護保存に責任を負っていた。しかしながらその当時すでに、増え続ける公式記録を整理し、目録化、保存および保管する作業は事実上不可能となっていた。1889年ウィリアム・ヘンドリックス州知事の下、J・D・ギルクリストが初代カリフォルニア州公文書館の初代監理官に任命された。

自動車の発明も、州務長官の職務領域に、短期間ながら任務を加えた。1905年から1913年までの間、自動車免許の発効と自動車登録業務も州務長官の管轄となった。しかしながら自動車台数の増加につれこの職務の負担が増えたため、自動車局が創設された。

歴代州務長官[編集]

# 氏名 着任 離任 所属政党
1 ウィリアム・ヴァン・ヴォーヒーズ 1849年 1853年 民主党
2 ジェイムズ・デンヴァー 1853年 1855年 民主党
3 チャールズ・ヘムステッド 1855年 1856年 民主党
4 デイヴィッド・ダグラス 1856年 1858年 アメリカ党
5 フェリス・フォアマン 1858年 1860年 民主党
6 ジョンソン・プライス 1860年 1862年 レコンプトン民主党
7 ウィリアム・ウィークス 1862年 1863年 共和党
8 A・A・H・タットル 1863年 1863年 共和党
9 ベンジャミン・レディング 1863年 1867年 北部共和党
10 H・L・ニコラス 1867年 1871年 民主党
11 ドルリー・メローン 1871年 1875年 共和党
12 トマス・ベック 1875年 1880年 民主党
13 ダニエル・バーンズ 1880年 1883年 共和党
14 トマス・トンプソン 1883年 1887年 民主党
15 ウィリアム・ヘンドリックス 1887年 1891年 民主党
16 エドウィン・ウェイト 1891年 1894年 共和党
17 アルバート・ハート 1894年 1895年 共和党
18 ルイス・ブラウン 1895年 1899年 共和党
19 チャールズ・カリー 1899年 1911年 共和党
20 フランク・ジョーダン 1911年 1940年 共和党
21 ポール・ピーク 1940年 1943年 民主党
22 フランク・ジョーダン 1943年 1970年 共和党
23 H・P・サリヴァン 1970年 1971年 共和党
24 ジェリー・ブラウン 1971年 1975年 民主党
25 マーチ・フォン・ユー 1975年 1994年 民主党
26 トニー・ミラー 1994年 1995年 民主党
27 ビル・ジョーンズ 1995年 2003年 共和党
28 ケヴィン・シェリー 2003年 2005年 民主党
29 キャシー・ミッチェル 2005年 2005年 民主党
30 ブルース・マクファーソン 2005年 2007年 共和党
31 デブラ・ボーウェン 2007年 (現職) 民主党

外部リンク[編集]