カナディアン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナディアン川
Canadian River Railroad Bridge Logan New Mexico 2010.jpg
ニューメキシコ州ローガンの南を流れるカナディアン川
水系 ミシシッピ川
延長 1458 km
水源の標高 2900 m
平均流量 182 /s
(オクラホマ州ホワイトフィールド)
流域面積 12万3221 km²
水源 ロッキー山脈(コロラド州ラスアニマス郡)
河口・合流先 アーカンソー川(オクラホマ州ハスケル郡
流路 オクラホマ州、コロラド州、ニューメキシコ州、テキサス州
テンプレートを表示
カナディアン川の流路と流域

カナディアン川: Canadian Riverポーニー語: Kícpahat[1])は、アメリカ合衆国の河川。コロラド州に源を発し、ニューメキシコ州テキサス州オクラホマ州を流れる。全長は1458kmで、アーカンソー川の支流のなかでは最も長い。

支流のノース・カナディアン川と区別して、サウス・カナディアン川とされることもある。

名前の由来[編集]

川の名前の由来は定かでない。ジョン・C・フレモントが1845年に作製した道路地図には、コマンチ族カイオワ族の名称(gúlvàu 赤い川の意)をあわせて Goo-al-pah or Canadian River と記されている。一説には初期のフランス人猟師や商人、特にテキサス・パンハンドルを北東に流れていることから、この川はカナダに至ると仮定したカナダ出身のマレ兄弟の命名とされる[2]。マリエル・H・ライトは1929年に、カナディアン川は1820年ごろ、アーカンソー川との合流点付近で野営した、カナダ出身の別のフランス人商人グループによって命名されたと書いた[3]

オクラホマ文化・歴史事典によると、17世紀から18世紀のスペイン人探検家は、この川をリオ・ブエナベントゥラ川やマグダレーナ川と呼んだ[2]。上流部はリオ・コロラド川と呼ばれた[要出典]

ニューメキシコ州北部とテキサス州では深い峡谷を刻んでいるため、スペイン語で「峡谷」を意味するカニャーダ (cañada) からきたと解することもできる。数点の歴史的文書が、この説の引証とされる。エドワード・ヘイルは1929年に、フランス説が最も有力であると述べた[4]

さらに最近、先住民族のカドのことばで近くのレッド川を指す káyántinu のスペイン語表記であるリオ・カナディアーノ (Río Canadiano) が転じたものとの説がウィリアム・ブライトから出されている[5]

歴史[編集]

1820年のドークス・スタンド条約まで、カナディアン川はチョクトー族の土地の北境であった。カリフォルニアに向かう初期の移民は、サンタフェまでカナディアン川の南岸を通った。1845年には、米陸軍地理工学兵団のジェームズ・ウィリアム・アバートとウィリアム・G・ペック両中尉が川を探検した。二人の旅路は Journal of Lieutenant J.W. Abert from Bent’s Fort to St. Louis として、1846年に刊行された。テキサス森林警備隊も、この地域で活動していた[要出典]

流路[編集]

ニューメキシコ州境の北約2.5kmに位置する、コロラド州ラスアニマス郡南西部のサングレ・デ・クリスト山脈東側の標高約2900m[6]地点に源流がある。州境を東南東にまたいだ後、南流し、ニューメキシコ州ラトンの西を通過。同州スプリンジャーの南で険しい峡谷となる。コンチャス湖にある最初のダムから、東に向きを変える。ローガンにあるダムでは、ユート湖を形成している。それからテキサス・パンハンドルに入り、サンフォードのダムでメレディス湖を形作る。ニューメキシコ州東部とテキサス・パンハンドルの峡谷はリャノ・エスタカードの北限として、リャノ・エスタカードとグレートプレーンズを隔てている。東に流れ続けてオクラホマ州に入り、オクラホマシティのちょうど南を通過。ユーフォーラで再びダムがあり、最大のダム湖であるユーフォーラ湖となる。さらに32kmほど下った、アーカンソー州境の西約64kmのロバート・S・カー貯水池でアーカンソー川と合流する。

赤い泥の湿地と流砂の影響で、ほとんどの区間において流れはゆるやかである。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AISRI Dictionary Database Search--prototype version. "River", Southband Pawnee”. American Indian Studies Research Institute. 2012年5月26日閲覧。
  2. ^ a b Everett, Dianna. Encyclopedia of Oklahoma History and Culture. "Canadian River." Retrieved October 7, 2013.
  3. ^ Wright, Muriel H. "Some Geographic Names of French Origin in Oklahoma", Chronicles of Oklahoma, 7(2):188-193, June 1929.
  4. ^ Hale, Edward E. "French Place-Names in New Mexico", French Review, 3(2):110-112, November 1929.
  5. ^ Bright, Williamtitle=Native American placenames of the United States (2004). University of Oklahoma Press. p. 78. ISBN 978-0-8061-3598-4. http://books.google.com/books?id=5XfxzCm1qa4C&pg=PA78 2011年3月8日閲覧。. 
  6. ^ USGS GNIS: Canadian River

外部リンク[編集]