カア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カアの墓の石碑。

カア(Qa'a)はエジプト第1王朝最後のファラオで、アビュドスには30×23mにも及ぶ巨大な墓がある[1]マネトの記録の中のビエネケスと同一人物であれば、26年間の治世であったことになる[2]。治世が長かったことは、墓が巨大であることからも窺うことができる。1993年からのドイツ考古学会による発掘調査で、生贄の墓が26個も作られていたことが分かった.[3]。また、墓の入り口近くから、ボエトスの名前の印が押されているのが見つかった[4]。このことにより、マネトが書いたように、カアの死後、ボエトスが即位し、エジプト第2王朝を興したことが確認された。

この地で2回目の、長期在位を祝う祭(Sed festival)が開かれたことと、墓に多くの石碑が建てられていたことから、カアの治世は相当安定し、繁栄した時代だったことが伺える。カアの名前は、「彼の左腕は挙げられる」(His Arm is Raised)という意味に訳される[5]

カアは紀元前2916年頃、エジプトを統治していたと考えられている。

出典[編集]

  1. ^ Peter Clayton, Chronicle of the Pharaohs, Thames & Hudson Ltd, 2006 paperback p.25
  2. ^ Clayton, op. cit., p.25
  3. ^ Clayton, op. cit., p.25
  4. ^ G. Dreyer et al., MDAIK 52,1996, pp.71-72, fig. 25, pl. 14a
  5. ^ Clayton, op. cit., p.16
先代:
セメルケト
古代エジプト王
8代
前2916年頃-前2890年頃
次代:
ヘテプセケメイ
ボエトス
先代:
セメルケト
エジプト第1王朝
8代
前2916年頃-前2890年頃
次代:
エジプト第2王朝