ヘテプセケメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘテプセケメイの名が刻まれた骨壷(ブルックリン美術館蔵)。

ヘテプセケメイ(Hotepsekhemwy)は、エジプト第2王朝の最初のファラオである。その名前は、「権力が気持ちの良い」という意味である[1]。彼の治世については、ほとんど分かっていない。

伝記[編集]

ヘテプセケメイは、ファラオの娘と結婚することで権力の座に辿り着いた。彼が古代のティニスの権力の系列に繋がっていたか否かは不明であるが、彼はカアの養子となり、おそらくカアの葬儀を取り仕切った。「ヘテプセケメイ」という名前はアビドスにあるカアの墓の外側で見つかっている。

ヘテプセケメイの墓はサッカラにあると確認された。基礎は残っているが、上部構造は失われている。

ヘテプセケメイの息子はペルネブであるが[2]、彼の兄弟、またはもう一人の息子のラネブが後を継いだ。

出典[編集]

  1. ^ Peter Clayton, Chronicle of the Pharaohs, Thames and Hudson Ltd, 2006 paperback, p.26
  2. ^ The Genealogies of the Dynasties
  • Toby A. H. Wilkinson, Early Dynastic Egypt, Routledge, London/New York 1999, ISBN 0-415-18633-1, 83-84

外部リンク[編集]

先代:
カア
古代エジプト王
9代
前2890年頃 - 前2847年頃
次代:
ラネブ
先代:
エジプト第1王朝
エジプト第2王朝
初代
前2890年頃 - 前2847年頃
次代:
ラネブ