オワンクラゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オワンクラゲ
Aequorea coerulescens1.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 刺胞動物門 Cnidaria
: ヒドロ虫綱 Hydrozoa
: 軟クラゲ目 Leptomedusae
: オワンクラゲ科 Aequoreidae
: オワンクラゲ属 Aequorea
: オワンクラゲ A. coerulescens
学名
Aequorea coerulescens
Brandt, 1838
和名
オワンクラゲ

オワンクラゲ(御椀水母、御椀海月)は、ヒドロ虫綱に属するクラゲ様の無脊椎動物。日本各地の沿岸で見られる。傘はを逆さにしたような形をしており、透明で内側の放射管がはっきりと外側から見える。最大傘径は20cmにおよび、ヒドロ虫綱で最大。刺激を受けると生殖腺を青白く発光させる。

主に春から夏にかけて見られる。水面に浮き、ほとんど動かないが、他のクラゲや小魚などを大きな口を開けて丸呑みする。

クラゲの中では比較的生命力が強く、飼育も容易であるが、餌を工夫しないと人工繁殖の成体は発光しなくなる(→参照)。

[編集]

日本沿岸でみられる本種 A. coerulescens は、欧米でみられる A. victoria よりもやや大きいとされるが、現状では別種なのか同種の亜種なのかわかっていない。今のところ A. victoria についても和名をオワンクラゲとしており、下村がGFPを発見したのもこの A. victoria である。

学術的な利用[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 医療現場で役立つオワンクラゲの「GFP」、ノーベル化学賞”. AFPBP News (2008年10月9日). 2013年11月11日閲覧。

関連項目[編集]