エル・カズネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エル・カズネ

エル・カズネアラビア語: الخزنة‎ Al Khazneh、宝物殿、英語: The Treasury)は、古代ヨルダンの都市ペトラにおける最も精緻な建築物の一つである。この古代都市の、エド・ディル(アラビア語: الدير‎ Ad Deir, 修道院、英語: The Monastery)を含むその他ほとんどの建築物と同様に、この建造物もまた砂岩の岩肌を彫って造られたものである。エル・カズネは古代ギリシア建築の影響を受けており、貴重な観光地になっている。


歴史[編集]

正面(ファサード)の細部装飾。

エル・カズネはなぜ築かれたかは不明であるが、王家の墳墓としての役割を果たし、おそらく紀元前100年から紀元後200年の間にその原型が造られた[1]。そのアラビア名である宝物殿の名は、盗賊あるいは海賊が、第2層の高所にある石のの中に略奪品を隠したという一つの伝説に由来する[1]。壺には銃弾による著しい損傷が見られる[1]。地元の伝承では、これはベドウィンによるものであり、それを壊して、中の「宝」を落とし取ろうと壺を狙い撃ったと言われている(しかしながら装飾の壺は砂岩の塊である)。もう一つには、モーセの時代にエジプトのファラオの宝物庫(カズネ・ファルウン、Khaznet Far'oun)の役割を果したともされる。[2]

建物の建築装飾の多くは、崖を刻んで彫刻されて以来2000年の間にかなり浸食された。その彫刻は来世に関連した様々な神話上の人物像であると考えられている。[3]

葬儀室が1938年に加えられた入口階段の両側にある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Jordan - Touristic Sites - South of Amman”. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ Aretas, I. “Petra: History, Myth, and Earthquakes”. pp. 2–3. 2009年12月23日閲覧。
  3. ^ Petra Map & Monuments”. AtlasTours.net. 2009年12月23日閲覧。 “Its elaborately carved facade is alive with a cast of Nabataean deities and mythological characters ... All are funerary symbols.”

座標: 北緯30度19分21秒 東経35度27分06秒 / 北緯30.32245度 東経35.451617度 / 30.32245; 35.451617

外部リンク[編集]