エルネスト・デ・クルティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルネスト・デ・クルティス: Ernesto De Curtis、1875年10月4日 - 1937年12月31日)はイタリア作曲家

経歴[編集]

ナポリ生まれ。父Giuseppe De Curtisと母Elisabetta Minnonの息子。彼は作曲家のサヴェリオ・メルカダンテのひ孫であり、詩人ジャンバッティスタ・デ・クルティス(Giambattista De Curtis)の弟である。彼は兄のジャンバッティスタと歌曲「帰れソレントへ」(Torna a Surriento)を作曲した。 彼はピアノを学び、ナポリのサン・ピエトロ・ア・マイエラ教会音楽学校(Conservatorio di San Pietro a Majella)で学位を取った。

作品[編集]

1900年から1930年までの間に、彼は100曲以上の歌曲を作曲した。 「帰れソレントへ」以外の主要な作品には、以下のものがある。

  • 「泣かないお前」(Tu ca nun chiagne
  • 「夜の声」(Voce 'e notte
  • 「忘れな草」(Non ti scordar di me
  • Mandulinata
  • Duorme Carmé
  • 「世界でただひとり君を愛す」(Ti voglio tanto bene
  • Mala Femmina

外部リンク[編集]