エティエンヌ・ウーミシェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1922年のウーミシェン N°2

エティエンヌ・ウーミシェンÉtienne Œhmichen1884年10月15日 - 1955年7月10日)はフランスの技術者で、ヘリコプターのパイオニアの1人である。

シャロン=アン=シャンパーニュで生まれた。エコール・サントラルで学んだ。1920年から上昇力を補うために気球につるしてヘリコプターの実験を始めた。1922年11月11日にウーミシェンNo.2を製作し、パイロットを乗せて飛行することができた。主ローターのトルクを消すために、小さい縦方向にロータが取り付けられた。この技術はテール・ローターに発展し、ヘリコプターの標準的な設計になる。1923年4月14日に飛行記録を358mに伸ばし、国際飛行連盟に公認された最初のヘリコプターの距離記録となった。1924年5月4日に7分40秒ほどかけて1kmの距離を超える飛行に成功し、懸賞金を取得した。

ウーミシェンは昆虫、特にトンボの羽根の機能を研究し、コレージュ・ド・フランスで生物学の教授として講義を行った。著書や鳥や昆虫の飛行を写した写真集は後の工学者のヘリコプターのローターブレードの研究の先駆けとなるものであった。

外部リンク[編集]