エッサイム (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エッサイム(Essaim)はフランス軍事偵察小型衛星コンステレーション。主な目的は世界中の信号を収集・解析すること(シギント)。DGAはこれを「電波の真空掃除器」と表現している。

概要[編集]

エッサイムは低軌道の120kg級マイクロサット4機(スペア1機含む)から構成されるコンステレーションである。これらは技術実証モデルで、3年は稼動することになっている。それぞれ数百km離れて地球を周回する。ミッションの設計はレンヌ近郊のBruzにあるCelar(Centre d'électronique de l'armement)によって行われ、トゥールーズにあるフランス国立宇宙研究センターからコンステレーションにアップロードされる。収集されたデータはこの逆順を辿る。

打上げ[編集]

エッサイムの打上げは2004年12月18日、クールーからアリアン5G+ロケットによって行われた。ヘリオス2Aと他2つのペイロードと同時打上げだった。個別の名称はそれぞれエッサイム1、エッサイム2、エッサイム3、エッサイム4である。

外部リンク[編集]