ウーロン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラオの地図とウーロン島の位置。
周辺地図

ウーロン島はパラオ西部の島[1]コロール州に属している。Aulongとも呼ばれ、もともと英語ではOroolongと表記していた。世界でも有数のドリフトダイブのスポットとして知られている[2]

地理[編集]

Ngerumekaol水路と呼ばれる海底の溝構造が島の近くの礁に存在する[3]。水路はおおよそ500m、平均幅は33mで珊瑚礁の礁湖につながっている[2]。近年ウーロンコーナーと水路にはサメが生息している[4]コロール島以南で最大の島であるウルクターブル島から西に2.3kmほどの位置にある。デンゲスとエイルマルクの水路は渡りやすいが、これらの島々とウーロン島の間のラグーンは航行が若干難しい。ウーロン島からマラカル島のマラカルハーバーまではこのラグーンを通る[5]

歴史[編集]

イギリス東インド会社の船長であったヘンリー・ウィルソンの乗っていた郵船アンテローペ号がこの島に遭難している[6]。その後、1700年代後半にはIkesakes礁から来るこれらの外敵に対して当時島内に住んでいた住民がウーロン島防衛を試みたが、結局は移住を余儀なくされた[7]

この島にはパラオ洞窟壁画が存在する[8]

[編集]

  1. ^ Google Earth
  2. ^ a b Ulong Channel”. Asia Dive Site. 2011年10月20日閲覧。
  3. ^ Johannes, Robert Earle (1981). Words of the lagoon: fishing and marine lore in the Palau District of Micronesia. University of California Press. pp. 33–. ISBN 978-0-520-03929-2. http://books.google.com/books?id=TloVDfV7QLoC&pg=PA33 2011年10月21日閲覧。. 
  4. ^ Tierney, Beth; Tierney, Shaun (1 May 2006). Diving the world: a guide to the world's coral seas. Footprint Travel Guides. pp. 327–. ISBN 978-1-904777-59-5. http://books.google.com/books?id=L5lvZDSm2mAC&pg=PA327 2011年10月21日閲覧。. 
  5. ^ Great Britain. Hydrographic Dept (1900). Pacific islands ... (Public Domain ed.). The Hydrographic office, Admiralty. pp. 437–. http://books.google.com/books?id=rkMZAAAAYAAJ&pg=PA437 2011年10月21日閲覧。. 
  6. ^ Palau: Airai -- Visitors: Explorers”. 2011年10月20日閲覧。
  7. ^ D'Arcy, Paul (2006). The people of the sea: environment, identity and history in Oceania. University of Hawaii Press. pp. 107–. ISBN 978-0-8248-2959-9. http://books.google.com/books?id=Sp1zroD_ccMC&pg=PA107 2011年10月21日閲覧。. 
  8. ^ Parmentier, Richard J. (1987). The sacred remains: myth, history, and polity in Belau. University of Chicago Press. pp. 332–. ISBN 978-0-226-64695-4. http://books.google.com/books?id=94HsfRuk2xwC&pg=PA332 2011年10月21日閲覧。. 

座標: 北緯7度11分14秒 東経134度22分05秒 / 北緯7.187304度 東経134.368009度 / 7.187304; 134.368009 (Ulng Island)