ウジェーヌ・ドマルセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウジェーヌ=アントール・ドマルセーEugène-Antole Demarçay1852年1月1日 - 1904年12月)はフランス化学者である。1901年ユウロピウムを発見した。

それまで単一だと思われていたサマリウムから、ドマルセーはユウロピウムを分離した。ユウロピウムなどの希土類元素は化学的な性質が非常に似ており、相互に分離するのが困難である。より強力な光源を使い、スペクトルを明るくしたり、分別結晶法などを使用するなどして、1896年ユウロピウムを発見し、1901年に単離に成功した。ユウロピウムはヨーロッパのラテン語名から命名された。

1898年のマリ・キュリーらのラジウムポロニウムの発見に対しても、それらの微量な新元素を分光学的に検出するのに協力した。