ウィリアム・ゴットリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1940年、ラジオ局にて

ウィリアム・ゴットリーブ(William P. Gottlieb, 1917年1月28日 - 2006年4月23日)は、1930年代1940年代アメリカ合衆国ジャズ「Golden Age」により.[1]、よく知られているアメリカ人の写真家・新聞寄稿家。

ゴッドリーブはニューヨークブルックリンで生まれた。リーハイ大学で経済学を専攻した。

脚注[編集]

  1. ^ Douglas Martin (2006年4月25日). “William Gottlieb, 89, Jazz Photographer”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0DEEDC123FF936A15757C0A9609C8B63&sec=&spon=&pagewanted=all 2010年10月8日閲覧. "William P. Gottlieb, who with a boxy, old-fashioned press camera indelibly defined what jazz looked like in a brief, magical time when both early legends like Armstrong and Ellington and the emerging beboppers ruled the bandstands and radio waves, died on Sunday at his home in Great Neck, N.Y. He was 89. The cause was a stroke, his wife, Delia, said."